結婚・婚活用語辞典>結婚報告関連用語

Fukuoka-Times

結婚報告関連用語

結婚報告関連用語に関する情報を掲載しています。

結婚・婚活用語

  

内祝い

内祝い(うちいわい)とは本来、身内におめでたいことがあり、その喜びをみんなで分け合うために祝い品として配る物のことを指します。 ただし、現在では何かおめでたいことがあってお祝いを頂いた際のお返しを指すことが多く、「慶事で頂いたお祝いへのお返し」という認識となっています。
>>内祝いの詳細を読む

結婚報告ハガキ

結婚報告はがきとは、披露宴に出席してくれた人への御礼や披露宴に招待することができなかった人への報告を行うためのはがきです。
>>結婚報告ハガキの詳細を読む

仏滅

仏滅(ぶつめつ)とは、六輝の一つで「仏すら滅する大凶日」を意味します。 六輝の中でも最も凶日とされている日で、結婚、挙式、披露宴は仏滅を避けるカップルが多いようです。そのため、式場でも凶日は割引されていることがあります
>>仏滅の詳細を読む

赤口

赤口とは、六輝の一つで凶日を意味します。 赤く、死を連想させるようなものに注意が必要な日、ともされています。ただし、「午の刻(午前11時頃から午後1時頃まで)」は吉ともされています。
>>赤口の詳細を読む

先負

先負とは、六輝の一つで「先んずれば即ち負ける」という言葉に由来しています。 「午前中は悪く、午後は良い」ともされていることから、結婚式、挙式、披露宴は午後に行うカップルが多いようです。
>>先負の詳細を読む

先勝

先勝とは、 六輝の一つで「先んずれば即ち勝つ」という言葉に由来しています。 「午前中が吉、午後二時から午後六時までが凶」とされていることから、結婚式、挙式、披露宴は午前中に行うカップルが多いようです。
>>先勝の詳細を読む

大安

大安(たいあん)は、六輝の一つで「大いに安し」という言葉に由来しています。 全てが穏やかに運ぶ、成功しないことはないとされています。結婚式、挙式、披露宴を行うに当たっては最良の日とされており、「大安吉日」という言葉にも表されています。
>>大安の詳細を読む

六輝

六輝(ろっき)とは、古代中国の吉凶占いのことです。 昔からこの「六輝」に基づいて冠婚葬祭の日取りを決定していたことから、現在でも縁起のいい日を選ぶ習慣が残っていま
>>六輝の詳細を読む

日取り

日取りとは、事を行う日を選び決定すること、またはその日のことを指します。 行事にあたり縁起を担ぐために日付を選ぶもので、主に大安、先勝、先負、友引、赤口、仏滅の中から適した日にちが選ばれることが多いようです。
>>日取りの詳細を読む

サムシングフォー

サムシングフォー(SOMETHING 4)とは、ヨーロッパに言い伝えられている幸せのおまじないです。 200年以上前から花嫁の幸せを願うおまじないとして結婚式で用いられてきました。
>>サムシングフォーの詳細を読む

報告

結婚の報告は一般的に、両家の両親、親族、友人、職場の上司、同僚などに行います。 報告の形は様々ですが、会う機会がある場合は口頭で、会う機会が少ない、または無い場合にはハガキや電話などで報告することが多いようです。
>>報告の詳細を読む